ACE.(アクティブ・クーラント・エフェクター)は、ラジエターに入れるだけ、あなたの愛車の性能を向上させます。その上、燃費の向上と、排気ガスのクリーン化を実現できる画期的な添加剤です。しかも 効果は添加後速やかに愛車を環境対応車することができます。


 
ACEはクーラントに使用する添加剤です。数種類の特殊セラミック粒子を混合したACE. をラジエーターに注入していただくだけであなたの車が環境対応車になります。
 ACEをラジエーターに注入すると、特殊セラミックスの成分がエンジン廻りのウォータージャケットから自由電子を放出します。この自由電子は燃焼室内の燃料と空気の混合気に働きかけて酸化反応が起こりやすいイオン化した状態を作り出すことで、完全燃焼してトルクや馬力が向上します。そうすると、燃費が良くなり排気ガスもきれいになってECOします。
排気ガスがきれいになればECOしてます。 その上、エンジンのシリンダー壁に自由電子を放出することでエンジン内部にこびりついたスラッジやカーボン(燃えカス)を少しづつ引き剥がしてオイルの中に溶かしだして洗浄する効果を持っています。
 結果、エンジンが長持ちしてECOしてます。
 ACEは、ラジエーターに添加した後エンジンが温まってその成分が循環し始めれば徐々に効果を発揮します。

人体に有害な物質や、環境汚染の原因となると現時点で考えられる物質は、一切含まれていません。

ACEをラジエター内に添加後20分程度のアイドリングで水温が上昇し、サーモスタッドが開いて添加した成分がエンジンブロックを循環しはじめれば、その効果を発揮します。ACEはエンジンの実用域、特に1,000回転〜3,000回転付近のトルクを向上させます。

エンジンの燃焼を助け、より完全燃焼に近づけます。


ACE & ACF燃費テスト結果報告【pdf】

上記のデータを見ると、ACE添加前に比べてACE添加後の方がCO2の値が増加していますが、ガソリンと酸素が反応して完全に燃焼が行われると水(H2O)と二酸化炭素(CO2)になります。燃焼効率の向上はその他の物質の減少をご覧ください。


ACE添加前の炭化水素(HC)の値も窒素酸化物(NOX)の値も残留酸素(O2)の値も減少しています。
ACEは燃焼効率を向上させる事によってトータルでの燃料消費を低減し、燃費を向上させる効果があります
 

ACF(アクティブ・クリーニング・フィルター)は、オイル交換の際に、現在お使いのエンジンオイルフィルターと交換するだけで、愛車のエンジン内部をオーバーホールしたかの様に綺麗に洗浄します。
 ACFを取り付けると、内部に組み込まれた数種類のセラミックスから放出されつづける微量の界面活性剤が、オイルとともに循環経路に運ばれます。この界面活性剤が、エンジン内部各所の摩擦抵抗を減らすことでオイルポンプの負担などを軽くします。そうすると、各部の動きがスムースになり、トルクや馬力が上がります。
 と同時にエンジン内部のスラッジやカーボン(燃えカス)を徐々にオイルに溶かし込んでゆき、綺麗にして、エンジン性能を回復し、益々燃費を向上させ耐久性を高めます。エンジン音も静かになり、排気ガスのクリーン化が進んでCO2削減に貢献できる環境性能の高い製品です。
エンジン各部が綺麗になることで、故障や経年劣化が少なくなり長持ちしてECOします。
人体に有害な物質や、環境汚染の原因となると現時点で考えられる物質は、一切含まれていません。

 
通常のオイルフィルターは、濾過材の表面積を拡大させたり、濾過材の材質に工夫を凝らしウレタンを使用してみたり、フィルターの一部にマグネットやゲル状の物質を組み込んでみたりと、エンジンオイルの溶かし込んだ汚れを如何に濾過し、その汚れを濾材に吸着させるかの性能を競ってきました。 ACFは今までのオイルフィルターとはまったく違った発想で創られています。 ACFは、オイルの持つ洗浄能力を活性化させます。 ACFは取り付けてから約1000km走行した頃から顕著な効果が顕れてきます。エンジン内部の汚れがACFに溜まるので、1回目の交換のみ5000km以内で早めにしていただければ、より優れた効果を発揮します。
通常使用 定期的にオイル交換を実施したエンジン内部
ACF装着し、33,000km走行後のエンジン内部を撮影したもの
通常使用 定期的にオイル交換を実施したエンジン内部
ACFを93,000km時点で装着、
5000km走行後の状態







海の家 山田商店 あそびゅー!
Copyright © 2016 CROSS OVER Inc. All rights reserved.